【ズボラ主婦の家計簿】家計簿の項目と家計簿の利点

皆さんこんにちわ

職場では経理もしていますが、本当は数字が苦手なイカ子です

家計を預かる者として、どうかと思うのですが……お金の管理も、全く好きではありません……でした……テヘ(´・∀・`)

ただ、夫は私よりも明らかに浪費家だし……は

いやむしろ、借金作るし、給料は安いし……ブツブツブツ

お金貯めないとヤバイんでねぇの?!

と一念発起致しまして、まず最初にとりかかったのは、やはり何にいくらかかるのか把握する事でした

となると、やはり家計簿ですね

ネットなどでは、家計簿は要らない!などと書いてある記事も沢山ありますが、私のような浪費家には必要かな、と思い始めてみる事にしたのが数年前になります

正直な話を言っちゃいますと、2年程付けて一旦家計簿はやめちゃうんです、私
え?理由ですか?
……それは、ほら、その、あの、人より少しだけ面倒くさがりっていうか、す、少しだけですよ?あの、ズボラっていうか……
ゴニョゴニョ……

ただ、また再開しています

始めた最初の2年は手書きの家計簿、再開してからは、家計簿アプリ(手入力タイプのもの)を使用しています

前置きが長くなりましたが、今日は我が家の家計簿の項目と家計簿を付けて良かった点を書いていきたいと思います!

家計簿つけてみたいけど面倒くさそうと悩んでる方や実際にどんな項目にするのか悩んでる方、長く続けるコツを知りたい方のお役に立てれば嬉しいです!

海山家☆家計簿項目

👉家族の出費
・家賃
・光熱費
・保険代
・携帯代
・定期、交通費
・食費
・外食代
・生活雑費
・医療費
各種税金(夫住民税)
・家族費(特別費)

(家族でのお出かけや帰省、旅行、御歳暮御中元、母の日父の日、子供以外の内祝い等だいたいこれにしちゃってます!ザックリー♪)

※緑は、一括で固定費として計上可能な項目

👉夫の出費
(全部夫のお小遣い&仕事関連費に計上)
 
・お小遣い(飲み会、お昼代、誕生日プレゼント代も含)
・衣料費
・美容院代
・仕事関連費

👉妻の出費(全部妻のお小遣いに計上)
・お小遣い(ランチ、誕生日プレゼント代も含)
・衣料費
・美容院代&美容費
・仕事関連費

👉子供の出費(全部子供費に計上)
・ミルク代
・オムツ代
・衣料費
・医療費
・おもちゃ代
・誕生日、クリスマスプレゼント代
・お祝いの内祝い代金
・(今後)学費

私は、家族としての出費と、それぞれが1年間にどれだけお金を使うのかを知りたかったので、個々の個人的と思える出費に関してはほぼお小遣いに計上しています

誕生日プレゼントに関しては毎月1万円ずつ積立てしています
誕生日積立ては、現金での受け取りも可能、半分現金、半分プレゼントも可能……つまり自由に使えるお金になります

理由は簡単です
使いすぎてる方が節制するためです

ある程度(数か月)で見直して、旦那の出費が多ければ夫に今まで夫の為に使った金額を話し、節制を促します

私の出費が多ければ、ひっそり節制します……
(不公平か!)

子供費に関しては、養育にトータルでいくらかかるのか知りたい為、家族として必要な費用から独立させています

今後、学費及び学校に関わる費用も別項目でつけようと思っています

ただ、今後、食費だけは混合になってしまいそう……まぁ、いっか!(⬅おーい)

私の家計簿の目的は
お金を貯める為です☆

一円単位までお金を合わせる事ではありません……なので、細かい事はあまり気にしません

また、書いてる事に酔いしれる程キッチリもつけていません……テヘ

こんなめちゃくちゃズボラな家計簿でも、効果としては大きいと感じています

海山家的☆家計簿の効果

👉何にいくらかかってるのか分かった事
 
👉年間の特別費を知る事が出来た事
 
👉予算が組めるようになった事
 
👉夫婦でお金の話をする資料になった事
 
👉比較が出来るようになった事
 
👉家計簿が面倒で、買わなくなった事

んー……ズボラぶりが垣間見えますねぇ……
ではひとつずつ説明していきます

👉何にいくらかかってるのか分かった事
 
 
家計簿を付ける前も、脳内家計簿は付けているつもりでいた私
 
 
食費は今月このくらいだなーと思っていた所……いやーもう、違うんです、全然……汗
 
 
脳内家計簿付けてるし、だいたいの金額は分かってるから大丈夫、と思ってる皆さん……
 
 
全然違う、マジで……
 
忘れてしまってる出費の多いこと……汗
 
👉年間の特別費を知る事が出来た事
 
お金を貯められるかどうかは、この特別費、ようは臨時の出費が左右するといっても過言ではないと思います
 
 
せっかく貯める気持ちになって、頑張るぞー!と意気込んだのはいいものの、次々に予期せぬ出費が続き、残高がどんどん減っていく……
 
そうなると、モチベーションも下がってしまい、やっぱり無理だと貯金自体を止めてしまう事、私は何度も経験しました
 
 
緩いながらも家計簿を続けていく事で、1年間に特別な支出の金額が大まかながら分かってきます
 
 
ある程度掴めたら、貯金から出さなくて済むように12分割して毎月の支出に組み込むのか、ボーナスから特別費として計上するのかなど、その家庭で決めていけばいいと思います
 
想定外の支出をなくしていく事で、貯まる仕組みが出来上がると思います
 
 
私はお正月や御歳暮、御中元などは毎月積立てして、冬のボーナスは全額貯金出来るようにしています
 
 
 
👉予算が組めるようになった事
 
 
毎月何にどのくらいかかってるのか分からないと、予算が組めないんですよねぇ……汗
 
 
これについては数か月家計簿付けてみるだけで、ある程度の予算が見えてきます
 
 
私は、毎日お弁当込みで1日800円(夫婦二人分)を心がけていました(現在育休中)
 
 
毎日買い物してもいいし、3日分まとめて買ってもOK!というルールのもとで、予算を組み、3万円前後の食費を目座そうと考えています
 
 
👉夫婦でお金の話をする資料になった事
 
 
家計簿を付ける前は、漠然としたお金の話をしていたと思います
 
 
それが、家計簿を付けた事で、何をどのように削り、何にお金をかけるのか、具体的に話が出来るようになりました
 
 
これにより、夫も家のお金の流れに興味が出てきたようで、お金を貯める事に協力してくれるようになりました
 
 
お金は夫婦で協力しながら貯める方が明らかに貯まるペースが早いと思います
 
どんどんご主人を巻き込んでいきましょう!
 
 
 
👉比較が出来るようになった事
 
 
私が、某節約雑誌などを熱心に読んでいた頃、貯金の達人の方達に比べて、何の費用がどれだけ多いのか、はっきり分かりませんでした……

 
 
家計簿を付けた事で、生活費の比較が出来るようになり、この費用は多めだけど、この費用はどの家庭より低めに抑えてるなど、総支出金額だけでなく、細かな比較が可能になりました

 
 
 
 
👉家計簿が面倒で、買わなくなった事

 
私ってほら、自他共に認めるズボラ主婦じゃないですか(‘д‘ )

緩いなりにも家計簿続けるんですけど、やっぱり面倒なんですよねぇ……そこで、奥さま☆秘策がありますわ、いきますわよー
なるべく買わない!

全国のズボラー友の会の皆様、いかがですか?
買わなければ、家計簿はつけなくていいんですのよ?!

まとめ買いして、あとはお金を使わないのは有効な節約方法だと思います

って、面倒で買い物せずに過ごしたら、0円の日が多くなり、食費が抑えられた月がありましたっていう棚ぼたでした

さて、いかがでしたでしょうか?

最後に、家計簿を続けるに、大切な事をお話して終わりにしたいと思います
それは……

家計簿は緩く付ける
 
60点の家計簿で全然OK!

です
最初から頑張りすぎず、緩く長く続ける事こそが貯金に繋がる家計簿になると思うのです

家計管理が自分だけの場合、自分以外見ませんし……

頑張りすぎず、少しずつ習慣化していくのが一番いいと思ってます!

私と一緒に頑張りましょう、適度に笑

緩くゆるーーーく!(;゚∇゚)

お読み頂き、ありがとうございました☆

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ポチッとよろしくお願い致しますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です