家計簿が続かなくても大丈夫!簡単3つのルールで楽しく家計管理

皆さんこんにちわ
最近夫に
『それ、老眼じゃないの?』と言われたけど認めたら負けだと思ってる初老、イカ子です夫には無表情で応戦しました♪
さて今日はズボラー友の会の奥様必見、家計簿を付けない家計管理についてです
いやー本当
家計簿って面倒くっさーですよね?
実は私自身はタイトルにある1000万円を貯めてる期間内、家計簿やめてる状態からスタートし、最後の1年でもう一度つけ始める、という恐ろしい奇行に出ています 笑
※但し、1年単位でどちらかにはしています
 
 
*関連記事* 現在の家計簿についての記事はこちら 👉緩いゆるーい家計簿のお話
↑緩い家計簿の記事も書いていますので、よろしければご覧ください
なので管理方法さえ定まれば、私のようなぐうたら散財主婦でも家計簿が無くても貯められるようになる、という事なんです
ちなみに、家計簿を再開したのは、息子が生まれたので、巣立ちの時まで(←長すぎ!)に一体いくらかかるのか、単純に知りたい気持ちが沸々と沸き上がってきただけです
最後まで続くかどうかはまだ分かりません 笑
今日は、私のように家計簿が中々続かない、でも貯金はしたい、という方にお届け出来たら幸いです!

家計簿が続かない理由

しょっぱなから言い訳のような形になり、大変恐縮なんですが……

最初は意気込んで始めるんですよ?
可愛いノートに書きやすいペンまで準備して、ヤル気だけはMAXなんです……
でも……私が家計簿続かなかった理由はこちら

家計簿が続かない理由

☑家計簿の残金と手元の残金が合わない

☑レシートが貯まりすぎて面倒くさくなった

☑お金を使いすぎてモチベーションが下がった

ハッキリ言っちゃいますと、家計簿と手元の残金、合った事ありませんから!(←自慢か)
レシートも、最大3週間位溜めてしまった事もありますし……1ヶ月近く放置状態となるともう、節約という所に意識がないというか、なんというか……
あとは私には、タカが外れて色々買ってしまった時も、家計簿から逃げたくなる要因でした

これだと、せっかく節約してお金を貯めようと意気込んでも、中々気持ちを維持出来ません……私はずっとそうでした

家計簿を付けない家計管理3つのルール

この方法の原形は、以前何かの本で読んだのですが、何の本だったか記憶が曖昧です……
ご紹介できず、申し訳ありません……
家計簿不要☆楽々家計管理ルール

👉①変動費の予算化

👉②ATMの回数の固定化

👉③レシートは取っておく

 

では実際に我が家で試してみた例でお話していきたいと思います

👉変動費の予算化
 
家計簿は、貯金をするという目的のもとに何にいくら使っているのかを把握し、削減したり金額を下げたり出来るものはないか模索していく、という手順になるかと思います
 
 
それに対して家計簿を付けない管理となると、いくらで生活したいのか、という点を決めて、それに添って生活していく事になります
 
 
 
つまり予算内に収まるのであれば、月1回各予算の振り分け作業以外の事は何もしなくていい、という事なんです
 
いやーズボラー好み、楽ですね♪
 
 
例えば、我が家では食費は4万円以内で出来たらいいなと考えています
 
 
ここで、気を付けたいのが、食費を4万円に設定してしまうと気が緩むのか、中々達成出来ないのです……え?私だけ?
ポイントは、少しだけ少なめの金額を設定する事が大事です
なので、我が家なら35000円を目指す事にします
そして、お米代3000円程を引いて……
月に食費は32000円になります
この32000円を30日で割ります
すると……1日当たり1066円!
この1日あたりを意識して買い物する……だけーもののけたちだけー
スーパーへ行って、2日分買い物をするとしたら2132円以内に買い物を抑えればいいだけです
これなら難しく思わずに取り組めそうですよね?

👉ATMの回数の固定化

私は、ATMに行くのは今も月2回と決めています

1度目はお給料日、2度目は月の真ん中です
というのも、私は自他共に認める散財主婦です
最初に1ヶ月分全部下ろすと……
使っちゃいそうなんで! 笑
なので、月の予算の半分をお給料日に下ろして、残りの半分を月の真ん中に再度下ろしてくるようにしています
その時に通帳の記帳もしてくる、といった流れです
ATMに頻繁に利用すると、何にいくら使ったのか把握出来なくなり、家計管理がずさんに……うんうん、そうなのよ(以前の私談)
なので、通帳の記帳で支出の履歴が一定になるよう、毎月決まった日に、決まった金額をおろすというルーティンを作り上げてしまうといいのです!
ルーティンさえ決まれば、もうゴールはすぐそこ!

👉レシートは取っておく
 
これは、予算をオーバーしてしまった時に見返す為です
 
 
予算が守れたら、破棄します
週に1度程度、支出を確認して予算内であれば、張り切って破棄しましょう!
 
 
もし、予算が守れずオーバーしてしまった場合は、レシートを確認して無駄な買い物が無かったか確認します
 
 
そして、予算に無理が無かったかも同時に検討するといいと思います
 
 
貯金は道のりが長いので、無理な節約は禁物です
 
しんどくなりますので
 
ただ、予算内でさえあれば、これも何も気にする必要もありません

レシートは紙袋に適当にいれてました、えへ

我が家の実践結果

我が家は2年程、この方法を試してみました
いやー、うまくいきましたねぇ♪
と言いたい所でしたが、最初はこの予算化の窮屈さがとても苦痛でした……
緩く設定したつもりでも、予算を守らなければ守らなければと思えば思うほど反動で使いたくなったり……
でも不思議と、数か月経ったら予算を守れるようになりました
こんな散財主婦でも、馴れて予算を守れる日が来るとは意外でした
人間てのは適応能力が備わってるんですね
結果、今まで何気なく買ってた物は不要な物も沢山あったのです
それを少しずつ取捨選択しただけです
ポイントとしては変動費なので、食費や雑費、お小遣いは財布を別々にした方が管理しやすいです
そして、娯楽費などの家族の出費も封筒やケースに入れておいて、必要な時に出動させる方法が一番良かったです

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

私としては、最初の予算化の窮屈ささえ乗りきる事が出来れば楽に管理出来るかな、と思いました
この方法は、実は大きな効果を生むもので、予算を守れるようになってくると、無駄がそぎおとされ、少しずつ予算を削減出来るのです
なので、場合によっては家計簿よりも大きな効果を出すことも可能です

家計簿は面倒……と悩まれている方、より楽に家計管理されたい方にはオススメの方法だと思います!
お読み頂き、ありがとうございました
👉節約のコツ色々

散財夫婦でも1000万円貯められたお話はこちらです👉 
 
✔貯金する金額を毎月好きな金額を設定して貯めるお話はこちらです👉
 
見栄っぱりでも貯金出来る方法はこちらです👉
 
節約の基本についての記事👉
 
楽しくお金を貯めるためる方法👉

怒りの番外編
旦那の借金発覚したお話👉
家族旅行はトリバゴで予約しています

人気ホテルが最大50%OFF 250社の予約サイトから料金を一括比較お得な宿泊プランをご案内 www.trivago.jp ご家族に合った細かい条件検索が可能です

普通預金金利最大0.15%
👇我が家のメインバンクです☆  
その時の記事はこちら👉

↓更新の励みになりますので、よろしければポチッとお願いいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です