貯金しながら『自分へのご褒美』を楽しむ2つのルール

皆さんこんにちわ
何より自分に甘い女、イカ子です☆
今日、何気にネットサーフィンをしていると何とも恐ろしい記事を見つけてしまいました……

…………返す言葉もございません(。-(ェ)-。 )

確かに自分を少しだけ(?)、甘やかす為の切り札的な役割を担わせてしまっていました……
でも、でも、でもね(弱め 笑)
頑張ってるのも事実だと思うのです!
独身で誰よりも仕事を引き受けて頑張ってたり、家事も仕事もバリバリして1日があっという間だったり、毎日毎日子育てして大変ながらも笑顔を絶やさなかったり……

そう、世の中の女性は頑張っているのです!

ご褒美くらい、なくちゃやってらんないやい!えーん
今日は、お金を貯めながら自分へのご褒美を楽しむ方法を考えてみたいと思います

ご褒美友の会の皆様、お付き合い頂けたら幸いです

自分へのご褒美のいけない点

東洋経済オンラインの記事によりますと

「本当にこんな高いものを買ってしまってよかったんだろうか」とか、「あー、せっかくダイエットしていたのについ誘惑に負けて食べちゃった」という後ろめたい気持ちがあるから「自分へのご褒美」という言葉でごまかしてしまうことになってしまうのです。もこれは非常に危険です。なぜなら「自分へのご褒美」ということにして、正当化してしまうと、ただ自分の心を納得させただけで、そこに反省も対策も出てこないからです。

「自分へのご褒美」というのはオールマイティのカードなので、これを切り続けると、際限なく無駄遣いが続くことになってしまいます。

………………。い、痛たたたた……
 
 
つ、つまり自分へのご褒美は、乱用してしまう事が何よりも危険だという事のようですね
 
 
確かに、仕事帰りに何気なく寄ったコンビニで美味しそうなスイーツを見つけた時
 
 
もうしばらくは服は買わないぞー!と決めていたのに、めちゃくちゃ一目惚れなスカートが半額で売ってた時
 
 
予算的にはかなり厳しいけど、お洒落な女子会に誘われた時などなど……
“自分へのご褒美”という切り札があると自分に言い訳ができるというか……どんな時にでも使えるので便利……なんですよね……うんうん
 

 

私はまさに、自分へのご褒美大好き女でした……遠い目

私のご褒美ヒストリー

私の脂肪の7割はご褒美由来の物である事は、疑いようのない事実です(自慢か!)
私はコンビニスイーツより、百貨店スイーツを自分へのご褒美としてよく買っていました……
食べ物の場合、金額にしてだいたい600円とかになってくると自分に言い訳が必要になってきます(という謎の掟が……)
あとはアクセサリー類を購入するか迷った時は必ずといっていいほどご褒美という名の言い訳、していました
休みの日に買い物に行くと、多いときで1日に3~4回自分にご褒美するように……
まさに乱用、してしまっていました……
で、買ってから後悔の嵐なんですね……
お金使いすぎてしまった自分が嫌になるんです……
結婚前は結局このご褒美ループから抜け出せないままでした
結婚してから、さすがにこのままではまずいと思うようになります
でも、ご褒美は欲しい……そこで考えたのは、自分へのご褒美のルール化でした

自分へのご褒美ルール

*ご褒美ルール*

量より質にこだわる
先にご褒美を決める

①量より質にこだわる

私の場合は、自分へのご褒美を乱用している事すら気付いていなかった事が致命的だったと思うのです

つまりご褒美を買いすぎて(笑)、何がご褒美で、何がご褒美でないのかすら謎……

なので、ご褒美として認定出来るような質を求める事にしたのです

今まで買っていた百貨店のスイーツをやめて、2~3ヶ月に1回美味しいランチコースを食べに行く事にしたのです

百貨店のスイーツが1回に600円だとしても夫婦で1200円、月に3回買ったとして3600円です

年にすると……43200円!!

恐ろしい……汗

それを夫婦で1回6000円のランチコースを年に4回行ったとすると……

24000円☆

19200円もお得になります

こんなにメモリアルなイベントなら、ご褒美感も十分にあって、乱用する事もありません……というか、乱用したくても出来ないです笑

②先にご褒美を決める

この仕事が一段落ついたら○○したいなぁとかどこかに行こうかなぁとか考える事、ありますよね?

まさにそれを利用して、月の予算を全て予算内に収められたら、○○買おう!とか

3㎏痩せたら大好きなケーキを食べに行こう!とか

つまり、先にご褒美を決めて、達成したらご褒美をGETするというものです

これなら、やり甲斐もあって、達成した時のご褒美感も格別な物になるのです

まとめ

さて、ご褒美ルールいかがでしたでしょうか?

自分へのご褒美という言葉から来るイメージは、たまーに頑張ってる自分へ贅沢を許す!という事
つまりルール化する事で、元の定義に戻しているだけなのです
やっぱりオバチャンになっても、いやいくつになっても、特別感も味わいたいし贅沢な時間も持ちたいのが女性です
お金を貯めながら、自分へのご褒美もしっかりと楽しんで、欲張って楽しみたいと心から思っています
お読み頂き、ありがとうございました

家族旅行はトリバゴで予約しています

人気ホテルが最大50%OFF
250社の予約サイトから料金を一括比較お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp
ご家族に合った細かい条件検索が可能です

普通預金金利最大0.15%
👇我が家のメインバンクです☆
 
その時の記事はこちら👉
↓更新の励みになりますので、よろしければポチッとお願いいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です