【貯金ゼロからの脱却】夫婦別財布はお金が貯まるのか?~我が家の場合~

皆さんこんにちわ
今までずっと二つ折り財布だったのに、子供が産まれたのをきっかけに長財布に変えた女、イカ子です☆

子供の保険証や診察券などカード類が増えると思って変えたのですが、中々快適だと感じています

ただ物欲の塊なので、普段のちょっとしたおでかけ用の小銭入れみたいなのは欲しいなぁと密かに思っています、てへ

さて今日は、家計管理の原点ともいえる夫婦のお財布事情についてです

 

さんのお宅は、共通のお財布ですか?
それとも夫婦別財布で管理されていますか?

我が家は現在は夫の給与も自分自身の給与も、私が管理しています
ただ、結婚して夫の借金が発覚するまでは夫婦別財布にしていました

今日は、夫婦別財布だった時にどのように管理していて、どう感じたか、実際にお金は貯まったのかを記事にしてみたいと思います

夫婦の家計管理をこれから決めようと思ってる方、夫婦別財布で他の家庭は実際問題どうなのよ?!と思ってる方のご参考になれば幸いです

では、やっぱり長財布友の会の皆様、よろしくお付き合いくださいませ

夫婦別財布タイプ

夫婦別財布といっても、管理方法は様々でそれぞれのご家庭によって色々異なると思います

夫婦別財布管理方法

:家賃、光熱費、教育費など
:食費、雑費

それぞれがそれぞれの項目を担当して支払うのが完全別財布

貯金はそれぞれの意思に託されているという、かなり難易度高めの家計管理

担当する費用以外は基本的にお小遣いになり、その中から貯金も行います

番外編:1馬力パターン

(妻):生活費全て
(夫):貯蓄

どちらか一方の給与で生活し、一方の給与は全額貯蓄に回すという管理スタイル

明朗な家計管理で、お互いフルタイムもしくは社員の場合は貯蓄額も凄い金額に……

より多くの貯蓄を目指すのであれば、王道といえる家計管理です

夫婦別財布のメリット・デメリット

★夫婦別財布メリット

完全別パターンの夫婦別財布の圧倒的なメリットは

自由に使えるお金が多いこと

お金の自由度がとても高いので、独身の時とあまり変わらず色んな人付き合いが出来ます

貯金に関しても、自分のペースでそれぞれ貯めていくことが出来るので、ストレスなく貯める事が出来ます

そして、自分が支払いをする項目にだけ注目すればいいので、管理が楽という点も大きなメリットだと言えます

★夫婦別財布デメリット
貯金を増やす事が難しい事です

お小遣いが多く、自由度も高い管理のため本人の意識に託される形となります

又、お互いに貯金をしていたとしても個人の貯金という意識の方が強いため、いざ住宅を購入する際や、教育費などまとまったお金が必要な際にどちらが出すのかで揉める事も……

また女性は、出産や育児などで働き方や収入が変化します

その際も負担が同じな場合、家庭内の格差も大きく、不公平さが大きくなり大きな不満となることも少なくありません

更にお互いの収入がいくらあるのか把握していないケースも多く、お互いのお金の使い方が不透明なまま何十年もいってしまい、本当に必要な時に全く貯金がなかった、という事もあります

我が家の管理方法

我が家が一緒に暮らしだしてから行ったのは……やはり夫婦別財布でした

*我が家の別財布管理方法*
:家賃
貯蓄
都度精算:光熱費、食費、雑費、その他生活費

我が家の管理方法は、家賃は夫が負担、私は同じ額を貯金、その他の生活費は購入毎に折半し、精算するスタイルでした

★良かった点

完全別財布なので、自由度は高いです

家賃と同等な貯蓄額(月75000円)を設定したので、一年経つとそれなりの金額に……
でも、そうは問屋がおろさず……泣

★良くなかった点

まず、当時の私達の給与では貯蓄額に無理がありました……

というのも、私は結婚して自分が管理をするようになるまで、夫がいくら給与をもらっているのか、全く知らなかったのです

夫もその金額が無理だとは言い出せなかったのですが、手元にほとんどお金が残らないので、何か買うときには夫婦の貯金から出して欲しいと言い出す事もしばしば

給与額は知らないまでも、苦しそうな事は伝わってきたので、スーツや靴などを購入する際には貯金から出してしまっていました……

そして、食費や雑費、おでかけの際の費用もそれぞれが都度精算するので、毎月何にいくら使ってるのかが全く分かりません……

半分しか出さなくていいので、管理する必要もなく、使い方もずさんなものでした

本来であれば1年で90万円程貯まる予定の貯金も、3分の1程度しか貯める事が出来ませんでした

別財布で管理していた時は、ずっとこの繰り返しでした

夫婦別財布やってみた感想

率直な感想は……

私達のような散財夫婦には無理!

でした……結婚したてで、当時は可愛らしかった事もあり 笑、夫から貯金を使うように促される事に言われるがままお金を出してしまっていました
え?今ですか?

すごーーく強くなりましたとさ……( ・ω・)

私達の場合は、夫の借金が発覚して家計管理を見直さざるをえなかった訳ですが、何もなく平穏に毎日が過ぎていっていたら、とてもじゃないけど、3年で1000万円は貯める事が出来なかったでしょう

我が家のようなズボラな管理は、お金の管理がマシな方が一人で管理する方が向いているようです……

夫婦別財布で夫婦としての貯蓄が増やせるのは、選ばれし精鋭だけだと思いました……

私達は万が一、いや絶対無理やけど、万が一の万が一、別財布でお金を貯めていたとしても、どちらがどれくらい出すのかで、絶対揉めていたと思います……

嗚呼小さすぎる夫婦……嗚呼……

まとめ

さて、散財貧乏夫婦の完全別財布管理、いかがでしたでしょうか?

正直、貯まらない要素だらけでお恥ずかしいのですが、私達のようなご家庭も実は多いのではないでしょうか?

私達が当時、お金が全然貯められなかったのは、管理スタイルもさることながら、大事な事が欠落していました

それは……

お金の事について、夫婦で話し合う事

夫婦なのに、お互いの収入を知らず、貯蓄額もキツいと言えない夫婦関係は違和感しかありませんよね?

どんな管理方法でも、貯めている家庭は話し合って協力しあっているんですよね……

私は、夫の借金が発覚し、紆余曲折するまで、その大切さすら全く理解出来ていませんでした

これからお金を貯める家計管理をお考えの方には、是非配偶者をしっかり巻き込んで、二人で協力していく事をオススメしたいと思います

でも、どうしても、どうしても、配偶者が協力してくれない場合は…………

強い気持ちで自分で管理しましょう!
そして粘り強くちょっとずつ引き込みましょう!

お読み頂き、ありがとうございました

家族旅行はトリバゴで予約しています

人気ホテルが最大50%OFF
250社の予約サイトから料金を一括比較お得な宿泊プランをご案内
www.trivago.jp
ご家族に合った細かい条件検索が可能です

普通預金金利最大0.15%
👇我が家のメインバンクです☆
 
その時の記事はこちら👉
↓更新の励みになりますので、よろしければポチッとお願いいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です