【お金を貯める為にやめたモノ】大好きだったファストファッションを買わなくなった理由5つ

womans-legs-887286_1280

皆さんこんにちわ
40なのに薄っぺらすぎる女、イカ子です☆
ちなみに、体型は丸太に近いので厚みは十分です♡
さて突然ですが、皆さんはファストファッションは好きですか?
私は大好き!………でした
私がうら若き乙女だった十数年前にはgapこそあったものの、今ほどポピュラーではありませんでした
でも今やファストファッションは、最新のトレンドを押さえ、デザインの多様さ、そして何よりそのお手頃な値段で確固たる地位を確立しています
冒頭でお話しましたが、実は私はファストファッションブランド、G○が大好きで大好きでたまりませんでした
ただ現在はファストファッションは、お金をかけないと決めている仕事着以外ではほとんど利用しなくなりました
今日はその理由に迫ってみたいと思います
ファストファッションでついつい買いすぎてしまう方のご参考になれば幸いです

ファストファッションとは?

ファストファッション (fast fashion) は、最新の流行を採り入れながら低価格に抑えた衣料品を、短いサイクルで世界的に大量生産・販売するファッションブランドやその業態     引用元:ウィキペディア
元々は、2008年にH&Mが日本に上陸した時に出来た服飾用語
マクドナルドのようにファストフードの服飾版で、英語のファスト(fast:素早い)ファッション(fashion:流行)から来ています
 
 
主なファストファッションブランド
H&M ZARA GAP GU Forever21 Honeys TOPSHOP/TOPMAN

※ユニクロはファストファッションの代表格だと思われがちですが、ダウンやヒートテック、エアリズムなどを毎年固定化した商品を提供しているので、ファストファッションの定義とは少しズレるそうです
 
無印良品やしまむらも、ファストファッションではありません
 
※しまむらは商品のほとんどをメーカーから仕入れて店舗で販売する『仕入れ型ビジネス』なのでこの定義から外れています
 

対義語はスローファッション
ハッキリとした定義はないものの、良質な衣服を大切に長く着るというスタイルの事
ほとんどの家庭で今はファストファッションブランドの服を一枚や二枚は持っていると言っても過言ではないほど、私達の暮らしにすっかり定着しています
そんなファストファッションですが、私は本当によく買っていました
でも少しずつファストファッションよりどちらかというとスローファッションに目覚めていきました

ファストファッションを買わなくなった理由5つ

私がファストファッションを買わなくなった理由は以下の通りです

流行を意識すると買うべきモノが増え過ぎる 服の量が半端ない 数回洗濯すると首元などがよれてくる 買った時の満足感が少ない 年齢的にファストファッションがしんどくなってきた

流行を意識すると買うべきモノが増え過ぎる

私は若い頃、とにかく流行っている物が好きでした
 
服でも靴でも鞄でも、とにかく流行の最先端にいたい!と考えていました
 
すると、流行っている服を買うと今度はそれに合ったバッグが欲しいと思い、持っている靴が流行っている服に合わない事に気が付きます…すると次は靴が欲しくなりました
そしてまた違う物が流行ります
そうすると、服、カバン、靴…また一式その時その時で流行っているモノに全て買い替えないといけません…もうキリがない
流行りが替わる度に大量に服や靴やカバンを購入し続ける事が、段々しんどく感じるようになりました
 
服の量が半端ない
 
ファストファッションの最大の魅力は、その安さですね
 
 
当時買い物に行く事が何よりも好きだった私は、安い服なら沢山買えると思い、足しげく通っては、長時間物色して色んな物を買って帰っていました
 

買った服は、買った事で満足してしまい、ほとんど着ない服も多く、どんどんクローゼットに収納されていきます
当時私が住んでいたマンションは一人暮らしにしてはクローゼットも大きかったのですが、数年でパンパンになりました
最初は少しの満足感に癒やされていましたが、いざ引越しとなった時に服の量に唖然………
買った時の少しの満足感など一掃するほど、荷物の整理は大変でした…
更にほとんど着ていないという現実…
今から着ようとも思えないその服達は、買わなかったら一体いくら手元にお金が残っていたのだろうと思うようになりました
着ない服はいつか捨てるか売るか、何らかのアクションが必要になります

何の魅力も感じていない服の処分は本当に気が滅入りました

着ない服には埃が溜まり大量なので重く、片付けは本当に大変でした…
数回洗濯すると首元などがよれてくる
 

 
ファストファッションの中でもたまにかなりのお気に入りに遭遇する事もあります

 
喜んで着ていく回数も増えます
すると、数回の洗濯で何だか首元の緩さを感じるようになります

又、比較的首元がしっかりとした服でも袖だったり裾だったりが比較的早い段階でヨレてきてしまうのです
すると着るのに段々と抵抗が出てきます
2000円の服でも4回しか着なかった場合、1回
あたりのコストパフォーマンスは500円
10000円でも100回着たら1回あたりのコストパフォーマンスは100円…
結局私は高い物を購入した事になるのでは?!とガッカリする事もしばしばありました 使い捨て感が否めないのに高い…のです

 
買った時の満足感が少ない
 
何でもそうなのですが、一生懸命働いて稼いだお金が使うなら買って良かったと心底思いたいですよね?

私がファストファッションブランドで買い物していた時、一番思っていたこと、それは…

めちゃくちゃ気に入ったものではないけど、安いし、流行りの形だからこれでいいか。。。でした

例えばワンピースでも、脇の所が開きすぎてる感じがするなぁ。。。とか シャツでもボタンが自分好みじゃないなぁとか、長さがちょっと微妙とか。。

でもまあ、安いし、うんこれで、いいか。。。みたいな買い物スタイルでした

つまり、100%じゃないんですよね いや80%でもなかったのかも知れません

ただ安いので結局着なくても安かったからいいか。。となるのですが、例え2000円でも働こうと思えば大変です

値段で買い物する事が、何だか自分に嘘を付いているような気がしてくるようになりました

 
年齢的にファストファッションがしんどくなってきた

ハッキリ言ってめっちゃオバチャンの私

若い時は安いシャツでもハツラツさが上回るので全然みすぼらしくないのですが、私が同じものを着たとしたら印象は全然違うのだろうと思うようになりました

 
 
40代でも驚く程ハツラツした方もいらっしやるので、あくまで私は、ということです
体型も顔もドップリオバサンなので、せめて服装や髪型位は自分に合うものにしたい、そう思うようになって、ファストファッションからは遠ざかるようになりました
そして四十路たもなると、少しづつ物欲もおさまってきた、というのもあります

今買っているモノ

40代を迎えて、少しずつ色んな物を選ぶ基準が変わってきた私

今はおしゃれでいたい、という気持ちよりはきちんとした格好をしていたいと思っています

白髪もマメに染めるように(3週間に1度は染めに行っています)
↑かなり安い所に通っています
サイズ感、ヨレがないか、着た時にシャンとして見えるかを気にするようにして服を選んでいます

…基本的にはカジュアル派なので、カジュアルだけど、きちんとして見える物を選ぶようにはしています

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

最新のトレンドを抑えたファストファッション

ただ、お金を貯める…となると、衣服の耐久性などには少し不安が残ります
値段的には一瞬高くても10年着られるとすれば、コストパフォーマンスはかなりいいものになると思います
清潔感のある四十路らしいファッションを研究しつつ、少しでもお金を貯められるよう頑張って行きたいと思います
お読み頂き、ありがとうございました
家族旅行はトリバゴで予約しています

人気ホテルが最大50%OFF 250社の予約サイトから料金を一括比較お得な宿泊プランをご案内 www.trivago.jp  ご家族に合った細かい条件検索が可能です

普通預金金利最大0.15%
👇我が家のメインバンクです☆  
その時の記事はこちら👉

↓更新の励みになりますので、よろしければポチッとお願いいたします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です