衝撃的すぎた夫の給与、公開します

皆さんこんにちわ

年賀状の自分の住所欄に必ず『ビバリーヒルズ』と書く女、イカ子です☆

私達夫婦はそれぞれ毎月25日が給料日です
海山家の家計は、私が一括で管理しています

そしてこないだの7/25の夫の給与が衝撃的すぎたので……公開しちゃおうと思います笑

他人の懐事情は蜜の味
よろしければお付き合いください

夫の給与額(ボーナス込み)

発表の前に、簡単に我が家の家族構成を振り返りたいと思います

・夫…40代会社員(完全出来高制)
・妻40代会社員(内勤職、現在育休中)
・息子(10ヶ月)元気いっぱい

夫の給与でーす!と公開するとマズイので
……非常に近かったものを例に挙げたいと思います

ちなみにボーナス込みの金額です
大事なんでもう1回言いますよ?

ボーナス込みの給与額ですよ?

大卒初任給。
20万3400円。
2016年に発表された、厚生労働省による
『平成28年賃金構造基本統計調査』より

\ここは地獄の一丁目ですか?/

この額ほぼビンゴです………ビンゴです…

(ヒロシ風に)

先が見えないのは涙が出てるからですか?
それとも…………

完全出来高制の夫を持つ妻の本音

女性ってほら安定を求める生き物ですよね?

私も見た目はアレですが、安定を何よりも好んでいます

落差をお伝えするために言っちゃいますが、昨年の夏は今話題の丸山穂高議員の給与と同じくらい……

丸山穂高議員
給与は129万円だそう。
(毎月これ?結構もらってるんすね……
我が家は給与+ボーナスの金額です)

この落差よ…………そうですね、
いつも思うのは(給与が)いい時はダルビッシュ有の奥さんになったような気持ちになり(給与が)良くない時は売れないストリートミュージシャンの妻になったような気持ちになります

出来れば安定してほしい、やはりそう強く思ってしまいます
特に今は子供がいるので余計ですね…

そんな妻が考えてみるといいこと

   
・給与が毎月100万なら幸せか?

そりぁーもちろん

と言いたい所なんですけどね笑
これはこれでまた色んな不安が出てくるんです

夫が病気になったら、この生活は終わりを迎える

・もしこのまま65歳の定年まではこの生活が出来たとしても、年金暮らしになったら絶対破綻する

・贅沢に浸り過ぎたけど、普通の暮らしに戻れるのか不安

・子供の金銭感覚は大丈夫なのか

生活水準は一度上げてしまうと、下げるのはめちゃくちゃ大変です
心身共に大きな改革をしないといけません

問題は収入が少ない事ではなく支出が多いことにあるのです

知らず知らずのうちに、私達は少しづつ暮らしにかかるお金が増えていってしまってるんです

だから夫を責める前に(責めるんかーい!)家賃や携帯代、何となく払ってる健康サプリや配信サービスなど、一つ一つを見直してみる事で、暮らしに対する不安を減らす事ができるのです

まずはそこ、なのです

某節約雑誌でも、少ない収入で貯めてる方々の多くは家賃が破格です

小さな暮らしを実践出来ると、もはや怖いものなしなんですよね
収入が少なくても貯められる人は、収入が多くなると更にその力を発揮するんです

もはや鬼に金棒、水を得た魚
家計を預かる身分としては、目指すのは明らかにこっちなんですよね

うん。分かってる。

……棒読み感

いやホンマに感謝してます
ただ、今回のことは覚えておきます

給料日には枕を涙で濡らしたので
前を向いて頑張りたいと思います
お読み頂き、ありがとうございました

\見るだけならタダだし!笑/

↓ズボラー主婦の更新の励みになりますので、ポチッとお願いいたします(๑´ڡ`๑)
ブログランキング・にほんブログ村へ

※宜しければ読者登録もお願いします!

(ㆁωㆁ*)